できない理由を考えるより、できる理由を考えよう。

いつも僕は、できる理由よりもできない理由を考えていた。

例えば、朝、早起きすることはできない。

なぜなら、僕は朝起きるのが苦手だからとか。

 

ブログを毎日書くことはできない。

なぜなら、僕は継続するのが苦手だからとか。

 

こういう、できない理由ばかりを僕は探していた。

 

例えば、僕は何かを完結させることが苦手だ。

理由は、飽き性だからだ。すぐに飽きるから、完結させられない。

でも、これって本当だろうか?

 

僕は本当に何もできないやつなのか?多分、そうじゃない。

僕は何もできないやつなんだと自分を正当化することで、

実際にやらなきゃいけないことから逃げているだけなのだ。

 

できない理由を考えることで、逃げているだけなのである。

僕の人生はずっとこのままでいいのか?良いはずがない。

 

例えば、稼ぐことは自分にはできないと思う。

それは、本当は稼ぐことができるのに、稼ぐことが怖いから、

それはできないことなんだと思い込んでいるだけなのかもしれない。

 

できる理由を探せばたくさんあるのに、できない理由に目を向けて、

弱い自分から目を背けているだけなのである。超ダサい。

 

超ダサいんだけど、今の自分はそれを自覚することができてきている。

俺って超ダサいなぁ。何もできないな。けど、本当はお前はできるよ。

できるから、少しずつでもいいからやってみようよ。

 

それでできないんだったら仕方ないよ。そう思えるようになってきた。

今までの僕は、できること=当たり前だと思っていた。

だから、できないことがあると、言い訳を作って逃げていた。

 

勉強してなかったから点数が悪かったんだ。仕方がない。

本気を出せばできるんだけど手を抜いただけなんだ。仕方がない。

これを繰り返した先に一体何が起きるんだろうか?何も起きないよね。

 

僕が今、この記事を書いている時、時計は朝の5時を示している。

普通の人だったら寝ている時間かもしれない。けど、そんな時間に、

こうやってブログを書くことができている。すごいことだ。

 

全然できないやつなんかじゃないよ。やったらできるんだよ。

やったらできるんだけど、それを怖がっているだけなんだ。

僕は弱い。ものすごく弱い。そして、その弱い自分を隠してきた。

 

弱い自分を隠して隠して、頑張って強がって、そうやって本当の自分を

隠して隠して隠してこれまで頑張ってきた。でも、それももう終わり。

できない理由を探すよりも、できる理由を探すようにしよう。

 

これもできない。あれもできない。そう思っているのは自分自身。

なんだって君はできるし、これまでもコツコツやってきたじゃん。

それを、いちいち全部できない理由に変える必要なんてない。

 

周りが右って言ったから右にいく必要なんて何もない。

自分が左だって思ったら、左に進んでいけばいい。

みんなと違う方向に進むことを、怖がっちゃいけない。

 

年齢を重ねるごとに、それを怖がっている自分がいる。

みんなと一緒じゃないとおかしい。自分だけ異質だ。

みんなができることが、自分だけなぜかできない。

 

今の年齢になってからも、ものすごく色々なことを怒られる。

礼儀がなってないとも言われるし、お前は頭がおかしい!

と面と面を向かって言われることだってちょっとじゃない。

 

僕は、正直できないことだらけだ。できない人間だ。

でも、そこに目を向けていたら、それだけで人生終わってしまう。

あいつは本当に何もできないよなっていう人に負けたくない。

 

人の批判をしている時間があったら、人のいいところを見つけられる人間になりたい。

自分の結果が出ない時に、人のせいにするような人間になりたくない。

だから、できない理由を1000個探すよりも、できる理由を1つ探す。

 

僕自身が1000個のことができなくたって、1個なにかできれば、

僕はそれだけで自分自身のことを救えるような気がする。

そして、それは他の人に対してもそうだと思う。

 

僕が、誰かのいいところを、できる理由を1つ探してあげることができれば、

それだけできっと、救われるものもあるんじゃないかなって思う。

 

正直、自分が人並みにできることが少ないのには嫌気がさす。

約束の時間を守れなかったり、片付けが全くできなかったり、

人の話を聞くことができなかったり、合わせることができなかったり。

 

いろんな人にたくさん迷惑をかけて生きている。

自分のせいで、嫌な思いをした人もたくさんいると思う。

でも、だからこそそれで終わらせてはいけない。向き合わなきゃいけない。

 

1度やってしまった。じゃあ、次はそれをしないためにどうすればいいか?

を、常に考えなければならないし、それはできませんと言うのならば、

逆にできる理由を考える必要があると僕は思っている。

 

できないことをできるようになるためにはどうしたらいいのか?

そこを考えていかないと、新しい道は見えてこないような気がする。

 

できませんは思考停止だ。どうやったら解決できるのか?

を、真剣に頭の中に浮かべて、考えて、行動する。

今の僕にできることは、そういうことだと思う。

 

今の世の中、正解がこれだ!というものは全然わからない。

難しい世の中になってきていると思う。なかなか答えがわからない。

正解ってなんだろう?正しいってなんだろう?

 

情報が溢れかえっているからこそ、そんなことを考える。

もっとできることがあるんじゃないか?

そう考えて、吐きそうになるような日もたくさんあった。

 

自分みたいな人間がどうして生きているのだろうか。

なんで、普通の人間と同じに生まれてこなかったのか。

どうして、人ができることができないのか。

 

普通ってそもそもなんなのか。

それができるのが当たり前やろとか、

それができることが筋だろと言われるたびに、キツかった。

 

逃げていると言われるのかもしれないけど、その答えが

自分にとっては限りなく難しい問題で、できるのかもしれないけど

できない自分をどこかで受け入れて欲しかったからなのだと悟った。

 

いわゆる「甘え」だ。できるのにやっていない。

それを、見抜かれたのだと思う。できない理由を探すな。

できる理由を探せ。暗にそう言われたような気がする。

 

僕は、正直ポンコツだ。凄そうに自分を見せていただけで、

実際は何にもできないようなポンコツだ。

時間は守れないし、片付けもできないし、計画性もない。

 

でも、きっとできることはちょっとだけならあると思う。

それは、ほんの些細なことで、他の人からしたら

「これしかできないの?」ってことかもしれない。

 

でも、そのちょっとしたことで、誰かが幸せになったり、

誰かが喜んでくれるのならば、それでいいじゃんと思えるようになった。

自分が生きている価値は、自分で見出さないと。

 

そして、それは自分だけじゃなくて、自分以外の誰かがいるから、

きっと自分の存在価値を感じることができるのだと思う。

だから、人は大切にしなきゃいけない。

 

そして、自分のことはもっと大切にしなきゃいけない。

自分の内なる声に耳を傾けないといけないのだ。

 

僕は、できない理由をいつも探していた。

それは自分に自身がないことの裏返しで、逃げている証拠で、

甘えていて、何もできない自分を露呈することを恐れていた証拠だ。

 

でも、もうそれをすることはやめる。

だってそうじゃないと、真っ正面から生きられないから。

逃げるんじゃなくて、受け入れて立ち向かう。

 

そうじゃないと絶対にダメだって僕は思った。

できない理由よりも、できる理由。

絶対にできるから。大丈夫。俺ならできる。

 

ダメな自分を許して、できる自分になれるように支えていく。

大丈夫。君ならできる。がんばろう。

関連記事

  1. 謙虚さを大切に生きる。

  2. 1番失敗をしない事業の始め方は何か?

  3. 基準値は誰よりも高く設定しよう。

  4. 今日、勉強したこと(経営について)

  5. 自分の幸せのために努力する

  6. 常に勉強をし続ける姿勢がなければダメだと思う。

  7. 1日1投稿を1年間継続すればすごいことになる。

  8. 結局、自分がやってきたことしかできない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP