結局、自分がやってきたことしかできない。

ここ最近、よく考えることがある。

それは、僕自身が発信できることは何だろう?ということだ。

 

ある意味、自分自身の追求に似ているところがあるかもしれない。

自分はどうして生まれてきたのだろうか?自分は何をしたいのだろうか?

そんなところとも似ている感覚かもしれない。

 

それを踏まえた上で、自分自身で葛藤をすることがよくある。

たくさんの葛藤。何をやっていこうか。どのようにやっていこうか。

まだまだできることが少ないなとか、このままでいいのだろうかとか。

 

自分の頭の中に、様々な不安がよぎる。そんな毎日を過ごしている。

でも、結局思ったのは、最終的には自分がやってきたことしかできないということ。

そして、そうやって自分がやってきたことを世の中に伝えることだけでいいのだと。

そのように思うようになった。

 

お客様に対して嘘をつかないこと。自分がやってきたことだけを話すこと。

机上の空論ではなくて、自分自身、そして他の人が結果を出して、再現性のあるもの。

ここを徹底して、自分が今、そしてこれから先もできるものをやっていく。

 

ここに全てが詰まっているのではないだろうか。

お金を稼ぐとか、もちろんそういう気持ちがないわけではないけど、

お金が手に入れば人として大切な何かを失って良いのか?

 

と問われれば、絶対に違うと思う。そうじゃない。絶対に。

お客様に対して、こういう未来をご提供することができますと宣言して、

その宣言したことは何が何でも守り通す。それを徹底して守る。

 

それを守るから、信頼関係が生まれる。信用していただける。

信用していただけるから、長い付き合いになる。

そういう関係性を僕は築いていきたいと強く思った。

 

人は大切。これは絶対。僕自身、良い人を増やしたい。

この良い人というワードの定義も、僕自身が考えなくてはいけないけど、

小学校の頃に習ったようなことが、大人になってもできる人のことだと思う。

 

・人の話は目を見て聞きましょう

・挨拶は自分からすすんでしましょう

・悪いことをしたら謝りましょう

・道にゴミが落ちていたら拾いましょう

・ご飯は好き嫌いせずに残さず食べましょう

・感謝の心を持つようにしましょう

 

こういう、「当たり前でしょ?」と思うようなことを、

みんなができるようになったら、もっと良いのではないかと思う。

みんなができるようになるには、まずは僕ができないとダメだ。

 

立派な人になるとも近いかもしれないけど、

人としてダメな人間は、絶対にダメだと思うし、どこかでつまづくと思う。

人としての成長は、会社としての成長にも繋がる気がする。

 

僕に、できることなんて少ないし、ほとんどない。

それに、僕自身が、「すごい人」ではない。

もし、すごい人に見えるのだとしたら、それは周りの人たちのおかげである。

 

僕自身、日々反省することがたくさんあるし、偉そうなことは言えないなと思う。

自分が思っていることは、自分に向けて書いていこうと思うし、

こうやって思ったことを書いておくと、あとで成長が分かるのかなと。

 

もう同じ轍は踏まないし、踏ませないようにしようと思う。

このような感情を、葛藤を、この年齢でいただけることに感謝だ。

逃げないで真っ向から面と面で勝負する。

 

大丈夫。

  • コメント: 0

関連記事

  1. あなたの「色眼鏡」が変わると収入の桁が1つ変わる。

  2. 常に勉強をし続ける姿勢がなければダメだと思う。

  3. ネットビジネスで必要な能力がこれから超活きるという話。

  4. 謙虚さを大切に生きる。

  5. 1番失敗をしない事業の始め方は何か?

  6. コロナショックとこれからの時代についての話

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。