謙虚さを大切に生きる。

ここ最近は、考えることが多い。

以前に増して、頭を使っている印象が強くある。

 

前は、「考える」という行為をあまりしなかった。

考えるフリをしているだけだった。

それは、傲慢だったからだ。

 

 

自分のことを、すごいと思っていた。

そんな自分が、かっこいいと思っていた。

若くて色々やっている自分は凄い。

自分の能力はものすごく高いんだ。偉いだろ。

 

そんな風に思っていた。でも、それは違った。

凄い人なんて世の中にたくさんいる。

それに、「すごい」なんて、結局は1つの見方でしかない。

 

お金をたくさん稼いでいる人が凄くて、

畑を耕しているおばあちゃんが凄くないなんていうことはない。

だからこそ、謙虚に生きるべきなのだ。

 

 

少なくとも、僕にはそっちの方が似合う。

傲慢でいるのではなく、謙虚に生きる。

口で言うのは簡単だけど、実行するのは難しい。

 

傲慢でいると、いつか人は離れていってしまう。

偉そうにして、踏ん反り返っていると、人は離れていく。

当たり前のこと。そうなんだけど、僕は気づかなかった。

 

だから、謙虚さを常に持つこと。謙虚であること。謙虚でいること。

これは、本当に本当に大切にしたいことである。

結果を出しても、まだまだです。と言えるように。そう在りたい。

 

 

寝る前に、そっと反省してみる。

今日の自分は、自分のことを凄そうに見せなかったか?

真ん中の道から外れていなかったか?

こうやって、毎日寝る前に自分に聞いてみる。

 

常に真ん中でいること。難しいこと。

でも、とても大切なこと。

この気持ちを忘れない限りは大丈夫。

常に謙虚に。謙虚さを大切に生きよう。

関連記事

  1. 結局、自分がやってきたことしかできない。

  2. 今日、勉強したこと(経営について)

  3. 昨日の自分より今日の自分は成長できているか?

  4. できない理由を考えるより、できる理由を考えよう。

  5. 1日1投稿を1年間継続すればすごいことになる。

  6. インターネット上に自動販売機を作ると言う発想を持てるかどうか。

  7. 恋愛事業をどうしてしたいのか?

  8. 基準値は誰よりも高く設定しよう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP